スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2%だったか・・・。

今月に入っても暑い日が毎日続いとりますが、9月に入ったってことは今年ももう残すところ3分の1を切ったって訳です。


まぁ毎回毎回言ってることですが、とにかく1年がはやいのなんの。


悲しいかな、1年、また1年と間違いなく歳を重ねていってます。



そんな残暑続くこの時期にふっと思うこと・・・。


『もう冬はすぐそこ』だってこと。


何にも考えずに過ごしてたら、あの寒い・寒い冬はあっちゅう間にやってくる。


仕方がない・・・秋田だもの。


ウン十年もここに住んでるんだから、1年の大半が寒いことぐらいわかってる。



で、


その“寒い季節”の大半を過ごすのはもちろん“家”。


ただでさえ寒い季節、せっかくの家も寒いんじゃあ悲しい限り。



そこで重要になってくるのは『断熱』。


寒ーい外気温から家の中を守ってくれないと困りますから。


でもでも『断熱材』が寒さから家の内部を守るのは正直当たり前の話。


それだけでいいんでしょうか?


この仕事をするまでは、


『ただ断熱だけしてればいいんじゃない!?』


くらいに思ってましたが、実はそれだけじゃダメ!!


『断熱材』が家に与える影響って多岐にわたっておりました。


そこで↓この↓ページ。


『セルロースファイバーとは??』※有限会社I.P.PさんのHPから。


ウチでは


『セルロースファイバー』


てな断熱材が標準仕様。


ちなみに日本国内のシェアはたった2%。


2%ですっ!!


2%って【自動販売機の当たり確率の上限】と一緒。

※一応、消費者庁のリンク貼っときます。


100本買って2本当たる確率です。


・・・2本も当たった記憶ないけどなぁ。


ちなみにちなみに、あくまでも上限らしいのでそれ以下の確率でもいいらしい。


100本買って1本も当たらない可能性もある訳ですな。


それなら何となく納得。


・・・と、自販機の話はこれくらいにして。



HPをご覧頂くとわかりますが、日本の大半は『グラスウール』で占められとります。


で、アメリカはというと『セルロースファイバー』。



じゃあなぜ日本の大半は『グラスウール』なのに、


ウチは『セルロースファイバー』を使うのか??


I様邸セルロース後 



いいところですが、続きはまた明日。


暑さ・寒さを防ぐ云々の簡単な話ではありません。


家に、住む人にとっても重要な話です。




舟木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舟木 和人

Author:舟木 和人

最新記事
スタッフブログ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。