スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおたくみ

数日前から始まった、


“積算は見た!!”。


知る人ぞ知る、マイナーなこのシリーズ第2弾は


“大工さん”


にSPOTを当てて・・・。


大工


みなさんとお打ち合せをして、“プラン”や“外観”なんかが出来上がり、


それを実際カタチにしていく“大工さん”。


この方々がいて初めて“0宣言の家”が出来上がっていきます。


大工①

大工②


大事な大事な構造部分はもちろん、


大工③


大工⑤


実際は見えなくなってしまうシートやらボードやら、


夏の炎天下の中や真冬の凍えそうな日でも、数人がひとチームになってお引渡しのその日まで、


“お客様の頭の中にあるイメージ”


をどんどんカタチにしていきます。


ちなみに、どっちかっていうと手が器用な方(だと自負しております)な私ですが、大工さんには恐らくなれません。


あんな高いところを何事もなかったかのように材料持って歩けはしませんから。


考えただけで足が震えますし。



と超超余談を挟みつつ。


大工④


構造関係の作業が終わると、今度は内部の仕上に入っていきます。


造作のカウンターやニッチ棚、垂れ壁をアールにするなんてのも大工さんの仕事。


もちろんパインの床を貼ったり、勾配天井に板を貼ったり・・・。


細かく挙げるとキリが無いんですが。



あっ、そうそう。


“大工” はその昔、


“大匠(おおたくみ)”


と呼ばれていたらしいです。


木工事に限らず、職人をまとめる“長”や工事全体を管理する人のことだったそうだ。


調べるとまだまだいろいろ大工マメ話がありましたが、とりあえず今日はここまで。



とにかく、昨日書いたような、


“機械や工場”で家をつくる・建てるなんざぁ大反対!!


現代にもまだまだ“匠”がいるんだから。


これからも“大匠”にいい家いっぱい建ててもらうことにします。


本当にいい家を。


出来





舟木

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舟木 和人

Author:舟木 和人

最新記事
スタッフブログ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。