リノベって・・・

ブログ復帰後の第2回目。


さて、何を書こうか。


そーいえば、最近まで撮りためた写真がいろいろあったなぁ。


でも、連日の “ 施工事例 ” もどうかと。


とはいえ、私のそれはそれはくだらない能書きを長々見せられるよりは断然そっちだろうと判断。


てことで、本日も “ 施工事例 ” でございます。


今回は “ リフォーム ” 。


巷では、


マイナスを ゼロ へ戻す “ リフォーム ” と、


マイナスを ゼロ + α にしてしまうという “ リノベーション ” なる言葉の2つに分けられるんだそうだ。




・・・ “ リノベーション ” 。




『 それって 結局リフォームでしょ? 』って思っちゃった私は世間に付いていけてないんだろうか。


そもそも “ リフォーム ” が “ マイナスをゼロに戻す ” って考え方がおかしいような・・・。


これから紹介するものだって、間違いなく “ + α ” されてる。


正直、 “ + α ” じゃ済まないくらいだ。


あっ・・・いけない、いけない。


年をとると小言が増えてきてダメだ。。。


結局能書きたれてるし。



とりあえず私は難しいことわからないのでこれからも変わらず 


“ リフォーム ” 


で通します。



では気を取り直して。


まずはリフォーム前の写真。


T様邸RF前① 

25年前くらいの建物だったと伺っておりましたが、輸入住宅を思わせるとてもおしゃれな外観。


出窓やラップサイディング、コロニアルの屋根がそれを連想させるのかも。


こんなに素敵な見た目でも、断熱材はグラスウールだったり、至る所で割れやヒビなど時間の経過を感じさせる部分が多く、冬の寒さと夏の暑さは深刻なお悩みだったとのこと。


ちなみに、十数年前にも外壁の塗装やらなんやらで内部含めいろいろな部分をリフォームされたそうです。


T様邸RF前② 

これは薪ストーブ用の煙突。


以前に一度リフォームされて、その際にレンガ調のサイディングに張り替えたそう。



そしてリフォーム後の外観がこちら。


T様邸RF後① 

外壁は当社自慢の “ スタッコフレックス ” 。


真っ白な外観に生まれ変わりました。


T様邸RF後② 

屋根・破風は以前のまま。


外観からはわかりませんが、断熱材もウチ自慢の “ セルロースファイバー ” へ。


合わせてサッシも総取替。


T様邸RF後③

これは反対からの写真。


T様邸RF後④ 

塗壁 + 白 ってことで随分と雰囲気が変わりました。


今回内部の写真はありませんが、内壁も自慢の漆喰 “ モルセムダー ” が塗られています。


ちなみに床材は以前から使用されている “ オークの無垢フローリング ” をそのまま使用。


多少の反りや隙はありましたが、いい風合いでこれからも十分使用出来る状況でした。


やっぱり無垢の床材はいいもんだ。


T様邸RF後⑤

以前はレンガ調サイディングでしたが、今回は本物のレンガタイルです。


やっぱり煙突にはこっちですね。



・・・と、久々のリノベぇ・・・じゃなく “ リフォーム ” 事例をご紹介させて頂きました。


内部をご紹介出来なかったのがとても残念ですが、いろんな場所に “ + α ” がありました。


そして、


住む人にとって健康を害するものの使用を極力抑えていて、


長持ちするものを使用していること、


これが一番の “ + α ”  かと。



おっと・・・



結局能書きが・・・。





舟木






 




















始動

いつ振りだろ・・・このブログ・・・。


と思って前回のブログを見てみれば、なんと去年のカープリーグ優勝。


あれからもう1年でしたか。


怠慢・・・もとい、スポ少やらなんやら(という言い訳)で全く更新せずに今日のこの日を迎えることに。


んでなんだかんだで今年もカープが優勝で連覇。


広島東洋カープ 公式サイト


おめでとうございま~す!!


次はCS。


そして日本一。


まだまだカープと一緒にヤキモキする季節は続きます。




まぁそんな感じで、無事再開しました当ブログ。


記念すべき第1回目は、先日横手で行われた【完成内覧会】で集めた写真を何枚かご覧頂こうかと。


ではでは早速外観から。

外観① 

次は別角度。

外観② 

この2枚はいずれも道路側からのものです。

で、次の2枚は反対側から。

外観③ 

外観④ 

一部ウチの現場担当が写っておりますがおりますが、そこはお気になさらず。


正面からだと一見シンプルなイメージですが、裏から見るとたくさんの柱が豪雪にも耐えうる様、屋根を支えていたりして、不思議だけど頼もしい外観です。


私も最初に図面を見たときにはどんな外観になるんだろう・・・と思っていましたが、出来上がってみると想像を遥かに超えたイイ感じに。


外柱と屋根をどうおさめたらいいか、本社の現場監督と設計担当は相当苦労したみたいです。



次は玄関。

玄関① 

4つ柱が並んだ長めのスロープから、中に入るとコート掛けと靴入れ。


もちろん造作で。


次はキッチン。

キッチン① 

キッチン② 

キッチン③ 

いわゆる“アイランドキッチン”ってやつです。


もちろん調理器具はラジエントヒーター。


収納側の扉は造作です。


ちなみに3枚目のちょっとした収納を挟んで奥に見えるのは“玄関”。


引戸の奥に隠れてはいますが、

ガレージ① 

そこから“インナーガレージ”にも移動できます。

※片付け中の写真ですみません。


続きましては他の水廻りを。

トイレ① 

造作の手洗い + 写真ではわかりませんが人感センサー付き照明 のトイレに、


洗面① 

既製の洗面化粧台と、隣に可動の造作収納棚。


浴室① 

浴室の後ろには、


脱衣室① 

着替えやらタオルやら、いろいろと置いておけそうな造作の固定棚。


我が家も脱衣室に収納を付けとけばよかった・・・と最近つくづく思います。


そして最後はリビングを。

リビング① 

基本は南側の日が差すこの窓際で洗濯物を干すそうです。


リビング② 

和室は琉球風畳に神棚付き。


リビング③

キッチンからの眺め。


今回は建物の模型を置いていますが、造作のTV台と収納也。



と、ひと通りご覧頂きましたが、私的には想像を遥かに超えた出来でした。


また機会があればじっくり見てみたい家です。



と、こんな感じで急遽再開に至った当ブログ。


基本毎日・・・と言いたいところですが、ブログ復帰初日ですのでそれは止めときます。


それでもなるべく書いていきますので、その際は是非今後の家づくりにお役立て下さい。



ではでは。






舟木









『おめでとうございまーすっ!!』

というよりも


『ありがとうございまーすっ!!』



つ、ついに・・・『リーグ優勝』です。。。


25年ぶり。


長かったな~。


緒方監督が7回、


黒田が5回、


そして新井さんが5回。


久々過ぎる胴上げの瞬間。


目頭が熱くなるのも久々で。



この方々もそれはそれは喜ばれてることでしょう。


わたくしめもとりあえずはひと安心。


次はクライマックスシリーズかぁ。


もう無しにしてもいいように思いますが。


完全優勝でもういっちょ“ビールかけ”ですな。



で、


明日からは『家づくり』に関するブログを“メイン”に書いてきますのでお許しを・・・。




舟木


























RA・SHI・KU

25年ぶりかぁ・・・。

ひろいもの 

長かったなぁ。


なんたって私が中3の時に優勝して以来だもんなぁ。


当時、某中学校で2人しかいない“カープファン”のひとりだった私。


受験勉強でそれなりにピリピリと忙しそうな周囲を横目に、リーグ優勝を果たし、西武との日本シリーズ第7戦をむかえてクラスでひとりソワソワしてたあの日を今でも思い出します。


給食を早目切り上げ、職員室に猛ダッシュ。


教頭の横に小さくついてる14型のブラウン管を、目を細めて入口から観戦。


数人の先生にブツブツ言われながらも、ありったけの“カープ愛”を伝えて観戦継続。


そんな甲斐もむなしく日本一はお預け・・・。


それでも、これから訪れるであろう“カープ黄金時代”を期待してましたなぁ。


※しかし、これを最後に“カープ”は長い長~いトンネルへ入っていくこととなります。


“ミスター赤ヘル”山本浩二率いる当時の“カープ”は投手力のチームで、


エースの佐々岡が“沢村賞”取って、


川口・北別府のベテランや、“炎のストッパー”津田が離脱したあと急遽抑えに回った大野なんかもタイトル取った“投”のチーム。


“打”は正直、正田・野村ぐらいが目立ってて、


別の意味で達川が目立ってたくらい!?


西田・原・高のトリプル“シンジ”もいたっけなぁ。


それでものちにチームを支える前田・江藤がレギュラーで定着しだしたのもこの頃と記憶。


現監督の緒方がレギュラーとなって盗塁王を取り出すのはもう少し先の話。


※カープ話、まだ続きます。


そんな、長―いトンネルをやっと抜け出せる日があと少しでやってくる訳で。



にしても、だ。



なんでジャイアンツは昨日勝っちゃったんでしょう??


今日からカープは当分ロード続き。


昨日のホームゲームで決めないと、次の戻りは15日。


んでもって、今日のカープは試合のない“移動日”。

nozomi.jpg 
※のぞみかどうかはわかりません。

ジャイアンツは試合があるので、もしそれに負けちゃったりしたら悲しいかな、


“移動日優勝”!!


マツダスタジアムに選手がいないのはもちろん、ファンの大歓声やらなんやらも一切ない“サイレント優勝”。


25年ぶりだってのにっ!!


そんなの悲しすぎますぜ!!


幼き日の“アンチ巨人”から始まった“カープファン”。


こんなところでまた悪さされても、今度は“アンチ”じゃ済まないレベル。


てことで、とにかく今日はジャイアンツを心から応援したいと思います。


“アンチ”ですけど。



フリーエージェントで出ていく選手は追わず、大枚はたいて助っ人や他球団の選手を取りもせず、


“生え抜き”だけをコツコツ育てて1人前に・・・。





※一応、菊地涼介の動画貼っときます。

で、一度はカープを去った、私と“同い年”の“新井さん(最近この愛称で呼ばれてますな)”が阪神で活躍の場がなくなると、カープ民は暖かい心で彼を迎え入れ、今や優勝の立役者。




“カープらしさ”がようやく実を結びそう。



大手ハウスメーカーさんのような、派手な演出や宣伝も、立派で豪華な工場なんかもありませんが、私たちは私たち“らしく”、


健康で、


長持ちで、


住む人たちを明るくできる住宅づくりを、これからもコツコツ続けていきます。



そして、


“カープ応援団”


も数回続きますので、悪しからず・・・。






舟木


















素敵ですので是非

7月の暑い暑い横手市内で行われた【W様邸完成見学会】。


残念ながら当日は子のスポ少絡みでお手伝い出来なかったんですが、私がチョコチョコ撮ったものと、この方が撮った外観写真をお借りしてご紹介。


まずは外観。

W様邸外観③ 

手前に見えるは車庫。


外部は杉の外壁です。


写真は砕石敷になっていますが、現在はお引渡しも完了していてアスファルト舗装されています。

W様邸外観① 

外観写真のみ、魚眼レンズ仕様故か外側が丸まってますのであしからず。

W様邸外観②

手前のコンサバトリ―がとても目立ってます。


他にはないW様邸のシンボルマークになってますね。

W様邸外観④ 

 玄関ポーチからつながる長いウッドデッキや、立派な丸柱、外壁の一部に使用されている木がオシャレです。


外に木部が増えるとやっぱり高級感が出ますな。



W様邸リビング 

次はリビング。


中央奥はキッチンで、Rの垂れ壁の奥はパントリー。


キッチン横には、

W様邸コンサバ 

コンサバトリ―が。


正確にはコンサバトリ―ではなくて“オシャレなサンルーム”ってとこでしょうか。


三角スペースにもカウンターがあって、明るい場所で本を読んだり勉強したり・・・。


キッチン近くにあることで、作業をしているご家族とも会話が生まれる大切な場所です。



W様邸FIX

階段上部には三角FIXのあかり取り。


これがあるとないとでは大違い。


見た目にもイイ感じ。



W様邸洗面

システムの洗面台ですが、パウダースペース付。


窓のおかげで日中も明るく作業できます。


造作洗面台のよさもありますが、システム洗面の掃除のしやすさや落ちついた感じもまたいいですねぇ。



W様邸1Fトイレ手洗

1Fトイレの手洗いボウルと水栓。


それぞれに探せばいろんな種類があるので、恐らくは世に二つとない組み合わせ。


これは悩みます。



W様邸2Fトイレ手洗②

こちらは2Fトイレの手洗いカウンター。


2Fは腰の高さまでパネル貼り。


トイレ廻りなのでパネルの方が圧倒的に掃除しやすいですな。


W様邸2Fトイレ手洗①

もちろん2Fもまた別の組み合わせ。


メーカーの既製手洗いカウンターもいろいろありますが、ここも使い勝手を取るか、見た目を取るかでお客様の意見も分かれる部分だったり。



・・・とこんな感じで横手市W様邸のご紹介でした。


もっと内部の(特に各部屋の)ご紹介が出来ればよかったんですが、いかんせんピンボケ画像が多くて泣く泣く断念。


兎にも角にも、外観のオシャレさもさることながら、内部の隅々までこだわっていて且つオシャレなお宅でございました。


今度は撮影にもっと力を入れてみようかと・・・。




舟木









プロフィール

舟木 和人

Author:舟木 和人

最新記事
スタッフブログ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR