スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おめでとうございまーすっ!!』

というよりも


『ありがとうございまーすっ!!』



つ、ついに・・・『リーグ優勝』です。。。


25年ぶり。


長かったな~。


緒方監督が7回、


黒田が5回、


そして新井さんが5回。


久々過ぎる胴上げの瞬間。


目頭が熱くなるのも久々で。



この方々もそれはそれは喜ばれてることでしょう。


わたくしめもとりあえずはひと安心。


次はクライマックスシリーズかぁ。


もう無しにしてもいいように思いますが。


完全優勝でもういっちょ“ビールかけ”ですな。



で、


明日からは『家づくり』に関するブログを“メイン”に書いてきますのでお許しを・・・。




舟木


























スポンサーサイト

RA・SHI・KU

25年ぶりかぁ・・・。

ひろいもの 

長かったなぁ。


なんたって私が中3の時に優勝して以来だもんなぁ。


当時、某中学校で2人しかいない“カープファン”のひとりだった私。


受験勉強でそれなりにピリピリと忙しそうな周囲を横目に、リーグ優勝を果たし、西武との日本シリーズ第7戦をむかえてクラスでひとりソワソワしてたあの日を今でも思い出します。


給食を早目切り上げ、職員室に猛ダッシュ。


教頭の横に小さくついてる14型のブラウン管を、目を細めて入口から観戦。


数人の先生にブツブツ言われながらも、ありったけの“カープ愛”を伝えて観戦継続。


そんな甲斐もむなしく日本一はお預け・・・。


それでも、これから訪れるであろう“カープ黄金時代”を期待してましたなぁ。


※しかし、これを最後に“カープ”は長い長~いトンネルへ入っていくこととなります。


“ミスター赤ヘル”山本浩二率いる当時の“カープ”は投手力のチームで、


エースの佐々岡が“沢村賞”取って、


川口・北別府のベテランや、“炎のストッパー”津田が離脱したあと急遽抑えに回った大野なんかもタイトル取った“投”のチーム。


“打”は正直、正田・野村ぐらいが目立ってて、


別の意味で達川が目立ってたくらい!?


西田・原・高のトリプル“シンジ”もいたっけなぁ。


それでものちにチームを支える前田・江藤がレギュラーで定着しだしたのもこの頃と記憶。


現監督の緒方がレギュラーとなって盗塁王を取り出すのはもう少し先の話。


※カープ話、まだ続きます。


そんな、長―いトンネルをやっと抜け出せる日があと少しでやってくる訳で。



にしても、だ。



なんでジャイアンツは昨日勝っちゃったんでしょう??


今日からカープは当分ロード続き。


昨日のホームゲームで決めないと、次の戻りは15日。


んでもって、今日のカープは試合のない“移動日”。

nozomi.jpg 
※のぞみかどうかはわかりません。

ジャイアンツは試合があるので、もしそれに負けちゃったりしたら悲しいかな、


“移動日優勝”!!


マツダスタジアムに選手がいないのはもちろん、ファンの大歓声やらなんやらも一切ない“サイレント優勝”。


25年ぶりだってのにっ!!


そんなの悲しすぎますぜ!!


幼き日の“アンチ巨人”から始まった“カープファン”。


こんなところでまた悪さされても、今度は“アンチ”じゃ済まないレベル。


てことで、とにかく今日はジャイアンツを心から応援したいと思います。


“アンチ”ですけど。



フリーエージェントで出ていく選手は追わず、大枚はたいて助っ人や他球団の選手を取りもせず、


“生え抜き”だけをコツコツ育てて1人前に・・・。





※一応、菊地涼介の動画貼っときます。

で、一度はカープを去った、私と“同い年”の“新井さん(最近この愛称で呼ばれてますな)”が阪神で活躍の場がなくなると、カープ民は暖かい心で彼を迎え入れ、今や優勝の立役者。




“カープらしさ”がようやく実を結びそう。



大手ハウスメーカーさんのような、派手な演出や宣伝も、立派で豪華な工場なんかもありませんが、私たちは私たち“らしく”、


健康で、


長持ちで、


住む人たちを明るくできる住宅づくりを、これからもコツコツ続けていきます。



そして、


“カープ応援団”


も数回続きますので、悪しからず・・・。






舟木


















素敵ですので是非

7月の暑い暑い横手市内で行われた【W様邸完成見学会】。


残念ながら当日は子のスポ少絡みでお手伝い出来なかったんですが、私がチョコチョコ撮ったものと、この方が撮った外観写真をお借りしてご紹介。


まずは外観。

W様邸外観③ 

手前に見えるは車庫。


外部は杉の外壁です。


写真は砕石敷になっていますが、現在はお引渡しも完了していてアスファルト舗装されています。

W様邸外観① 

外観写真のみ、魚眼レンズ仕様故か外側が丸まってますのであしからず。

W様邸外観②

手前のコンサバトリ―がとても目立ってます。


他にはないW様邸のシンボルマークになってますね。

W様邸外観④ 

 玄関ポーチからつながる長いウッドデッキや、立派な丸柱、外壁の一部に使用されている木がオシャレです。


外に木部が増えるとやっぱり高級感が出ますな。



W様邸リビング 

次はリビング。


中央奥はキッチンで、Rの垂れ壁の奥はパントリー。


キッチン横には、

W様邸コンサバ 

コンサバトリ―が。


正確にはコンサバトリ―ではなくて“オシャレなサンルーム”ってとこでしょうか。


三角スペースにもカウンターがあって、明るい場所で本を読んだり勉強したり・・・。


キッチン近くにあることで、作業をしているご家族とも会話が生まれる大切な場所です。



W様邸FIX

階段上部には三角FIXのあかり取り。


これがあるとないとでは大違い。


見た目にもイイ感じ。



W様邸洗面

システムの洗面台ですが、パウダースペース付。


窓のおかげで日中も明るく作業できます。


造作洗面台のよさもありますが、システム洗面の掃除のしやすさや落ちついた感じもまたいいですねぇ。



W様邸1Fトイレ手洗

1Fトイレの手洗いボウルと水栓。


それぞれに探せばいろんな種類があるので、恐らくは世に二つとない組み合わせ。


これは悩みます。



W様邸2Fトイレ手洗②

こちらは2Fトイレの手洗いカウンター。


2Fは腰の高さまでパネル貼り。


トイレ廻りなのでパネルの方が圧倒的に掃除しやすいですな。


W様邸2Fトイレ手洗①

もちろん2Fもまた別の組み合わせ。


メーカーの既製手洗いカウンターもいろいろありますが、ここも使い勝手を取るか、見た目を取るかでお客様の意見も分かれる部分だったり。



・・・とこんな感じで横手市W様邸のご紹介でした。


もっと内部の(特に各部屋の)ご紹介が出来ればよかったんですが、いかんせんピンボケ画像が多くて泣く泣く断念。


兎にも角にも、外観のオシャレさもさることながら、内部の隅々までこだわっていて且つオシャレなお宅でございました。


今度は撮影にもっと力を入れてみようかと・・・。




舟木









Galapagosization

早速ですが、


昨日ご紹介した

P1020131.gif 

“セルロースファイバーとは??” ※有限会社I.P.PさんのHPより


ってとこ、ご覧頂けましたでしょうか?


私たちが当たり前に使っている

インサイドPC 

“InCide PC セルロースファイバー”


なる断熱材の特徴がいろいろ細かく書かれております。


単なる


“断熱をするためだけのモノ”


ではありません・・・てな説明が。



①セルロースファイバーならではの高い【防音効果】

セルロース壁① 

セルロース壁② 

吹き込み施工で家全体が密封されたような環境であることと、


音(=空気の振動)を多孔質なセルロースファイバーが熱に変える、


という当たり前の現象のおかげで、外部の音も内部の音も伝わりにくくなってます。


これは住んでみるとホントにわかりやすいです。


我が家がまさにそうですんで。



②【防虫・防カビ効果】【高い耐火性】【高い安全性】


先程からちょくちょく出てくる“ InCide PC ”。


『はい、ここ、テストに出ます。』級の、とても大事なところ


世に数あるセルロースファイバーの中で、“ InCide PC ”のみがアメリカで


“害虫駆除断熱材”


として登録・認定されている唯一の断熱材。


“唯一”です。


理由はセルロースファイバーに含まれている“ホウ酸”。


【ボロン#10】というホウ酸で、ゴキブリやシロアリに高い駆除結果数値が出ています。


もちろんカビにも。


で、


そんな【高い防虫・防カビ効果】がありながら、その毒性は

ボロン#10致死量 

『一般の食卓塩の6倍安全』 ※経口半数致死量比較


なんだそう。


“ホウ酸”の“難燃性”のおかげで新聞紙でありながら燃え広がりにくいという特徴もあり、


まさに “ InCide PC ”様様・ “ボロン#10” 様様です。



③“多孔質”セルロースファイバーによる【調湿効果】


水蒸気さえあればどこでも発生する結露。


その水蒸気をなるべく外に出せればその結露を防ぐことができるんですが、今、世にはびこる断熱材のほとんどはそんな効果はありません。


ただただ水蒸気を吸ってもそれを外に吐き出せないウール系断熱材だったり、


そもそも吸うことすら出来ない断熱材だったり。


外に吐き出せない水蒸気は、躯体内でカビを呼び、ジワジワと腐っていって・・・。


想像したくもないですねぇ。


でもセルロースファイバーにはそれが出来ちゃいます。


内部の水蒸気を躯体を伝って外に吐き出す・・・いわゆる“調湿・透湿”てな奴ですな。


それは新聞紙で出来たセルロースファイバーならではの多孔質が成せる業。


湿度が高ければ吸って・湿度か低ければ出す・・・。


そんな断熱材は他にはありません。



と、こんな具合で“セルロースファイバー”にはメリットたくさんです。


なのになぜ日本では2%しか使われないんでしょうか?


それは他の断熱材と比べて施工が面倒だったり、金額も高かったりするから。


安く簡単に済ませた方が工務店やメーカーとしてはラクだし、余計なお金も掛からんし。


数十年後に腐った内部のおかげでリフォームの話も舞い込んできて・・・。


まぁ極端な話かもしれませんが、強ち間違っちゃいない話。


20090410063250.jpg 


そうやって日本の“住宅業界ガラパゴス化”は益々成長・発展を続けていきます。




舟木





2%だったか・・・。

今月に入っても暑い日が毎日続いとりますが、9月に入ったってことは今年ももう残すところ3分の1を切ったって訳です。


まぁ毎回毎回言ってることですが、とにかく1年がはやいのなんの。


悲しいかな、1年、また1年と間違いなく歳を重ねていってます。



そんな残暑続くこの時期にふっと思うこと・・・。


『もう冬はすぐそこ』だってこと。


何にも考えずに過ごしてたら、あの寒い・寒い冬はあっちゅう間にやってくる。


仕方がない・・・秋田だもの。


ウン十年もここに住んでるんだから、1年の大半が寒いことぐらいわかってる。



で、


その“寒い季節”の大半を過ごすのはもちろん“家”。


ただでさえ寒い季節、せっかくの家も寒いんじゃあ悲しい限り。



そこで重要になってくるのは『断熱』。


寒ーい外気温から家の中を守ってくれないと困りますから。


でもでも『断熱材』が寒さから家の内部を守るのは正直当たり前の話。


それだけでいいんでしょうか?


この仕事をするまでは、


『ただ断熱だけしてればいいんじゃない!?』


くらいに思ってましたが、実はそれだけじゃダメ!!


『断熱材』が家に与える影響って多岐にわたっておりました。


そこで↓この↓ページ。


『セルロースファイバーとは??』※有限会社I.P.PさんのHPから。


ウチでは


『セルロースファイバー』


てな断熱材が標準仕様。


ちなみに日本国内のシェアはたった2%。


2%ですっ!!


2%って【自動販売機の当たり確率の上限】と一緒。

※一応、消費者庁のリンク貼っときます。


100本買って2本当たる確率です。


・・・2本も当たった記憶ないけどなぁ。


ちなみにちなみに、あくまでも上限らしいのでそれ以下の確率でもいいらしい。


100本買って1本も当たらない可能性もある訳ですな。


それなら何となく納得。


・・・と、自販機の話はこれくらいにして。



HPをご覧頂くとわかりますが、日本の大半は『グラスウール』で占められとります。


で、アメリカはというと『セルロースファイバー』。



じゃあなぜ日本の大半は『グラスウール』なのに、


ウチは『セルロースファイバー』を使うのか??


I様邸セルロース後 



いいところですが、続きはまた明日。


暑さ・寒さを防ぐ云々の簡単な話ではありません。


家に、住む人にとっても重要な話です。




舟木

プロフィール

舟木 和人

Author:舟木 和人

最新記事
スタッフブログ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。